身長専門外来

身長専門外来は、身長を伸ばすことに特化した診療です。
「自分の身長を少しでも伸ばしたい」というお気持ちの方、「自分の子の身長はまわりの子どもに比べて低いのではないか」と悩まれているご家族はぜひご相談ください。

身長専門外来の流れ

レントゲンで調べる項目

「骨端線」と呼ばれるレントゲン上の黒い線は軟骨の存在を示しています。増殖した軟骨が固い骨に置き換わることで骨は縦方向に伸びていきます。しかしすべての軟骨が骨に置き換わると骨端線は閉じてしまい、それ以上身長は伸びなくなります。

レントゲンでは骨年齢(骨の成熟度が相当する年齢)、骨端線の開き具合を調べます。

骨端線の空いた例

図1図3

骨端線の閉じた例

図3図4

採血で調べる主な項目

ソマトメジンC(IGF-1)

成長ホルモンなどの刺激で作られる、身長を伸ばすために最も大切なホルモンです。

亜鉛

食べ物にも含まれる金属で、不足すると成長障害を起こします。

TSH・F-t3・F-t4

成長に必要な甲状腺ホルモンが足りているかを見ます。

LH・FSH・テストステロン(男)・E2(女)

思春期に入ったかを確認し、成熟度に合わせた治療の提案に使います。

ALP

骨の成熟していない子どもでは大人の基準値よりも高くなるため、値によって骨の成熟度を推測できます。

総蛋白

値が低い場合には低栄養の可能性があります。

診療時間

診療カレンダー

診療時間の変更や、臨時休診となる場合があります。
最新の情報については、お知らせをご確認ください。

ごとう小児科・成長クリニックは世田谷区豪徳寺の小児科・身長専門外来・思春期内科・アレルギー科です。
お子さんの健康を願うご家族が気軽に受診できるクリニックを目指します。

アクセス

ごとう小児科・成長クリニックのアクセス・周辺地図

世田谷区豪徳寺1-22-3 ユアーズ1F

駐車場は近隣のパーキングをご利用ください。
pの部分が、駐車場です。

駐車場の詳細はこちら